LA SPORTIVA スクワマウーマン 3か月履いた感想

今まで履いたクライミングシューズは20足以上、

クライミングシューズをたくさん履き比べてきました。

 

今回は現在履いているスクワマウーマンをご紹介します。

f:id:hiroki-mkun:20210917123753j:plain

目次

はじめに

スクワマウーマンっと言うとかなり人気のシューズです。

プロ選手も多く愛用しており、代表的な選手だと野口選手ですよね。

ウーマンですが小柄な男性にも評判が高いです。

 

今回もいつも通り客観的に見たスクワマウーマンの良い点悪い点、個人的感想を書いていきます。

 

スクワマウーマンはオールマイティーシューズ

レビュー

エッジング★★★★★

スメアリング★★★★

ヒール★★★★★

トゥ★★★★★

 

スクワマウーマンの良い点は弱点がない所です。そして高い次元で全てが兼ね備わったシューズです。

f:id:hiroki-mkun:20210917123853j:plain

一番驚いたのはスラブなどの粒足を踏んだ時かなり立てることです。

ウーマンのシャープな作りでつま先で踏んでいるはずなのにスリングショットを通じて踵の方までしっかりと力が伝わり足全体で先端のサポートをすることが出来ます。

もしかすると粒に立つって意味だけではソリューションより上回っているかもしれません。



スメアリングも強いです。ダウントゥしながらも平べったい作りの足の裏はボテにピッタリと張り付かせることが出来ます。

 

トゥーフックラバーは柔らかいので掛けやすく滑り落ちにくいし弾かれる心配がありません。

f:id:hiroki-mkun:20210917123941j:plain

ヒールは固くジムのホールドに掛けるムーブで困ることはないでしょう。岩ではまだ使っていないのでわかりません。

f:id:hiroki-mkun:20210917124004j:plain

 

そして作りが丈夫なのが特徴の一つです。

LA SPORTIVAのP3システムというのは名ばかりでなくダウントゥは買った時と3カ月たった今も同じように感じます。

 

人気なのも納得のクライミングシューズです。

hiroki-mkun.hatenablog.com

 

悪い点はサイズ調整が難しい所

スクワマは大きくなりやすいと聞いていたので1センチ攻めて購入しました。

最初攻めて履くとかなり痛いです。

痛いシューズは他にもたくさん履いて来ましたがこんなに痛いのは初めてです。

 

男性でウーマンを履いたのが良くなかったのかもしれません。

 

3ヶ月くらい履いた今はだいぶ馴染んであまり痛みはなくむしろフィット感の良さを感

じることが出来ています。

もし攻めてなければぶかぶかになってたのかと思うと難しいところですね。

 

それでは個人的なスクワマウーマンの評価について話していきます。

 

個人的なスクワマウーマンを履いた感想

最初から言いますがスクワマウーマンは完璧なので大満足だが、自分の登りのスタイルとは少し違う感じがウ~ンってなる。

 

ソリューションウーマンコンプと比べてお話をしましょう。

f:id:hiroki-mkun:20210917124103j:plain

f:id:hiroki-mkun:20210917123853j:plain

2つのシューズの大きな差はダウントゥの作り方です。

スクワマウーマンはまっすぐ落ちているのに対してソリューションウーマンコンプは先端の前が凹んでいます。

 

スクワマウーマンはかきこみにくく動きを出し辛いっと言うのが感想です。

 

リーチが足りない分、体全体を上手く使いながら登らないといけないので動きを出しにくいのはネックになります。女子のリードでよくソリューションウーマンを履いている選手を観ますが、やはり動きに自由度っという点ではソリューションウーマンの方が高いのかもしれません。

なによりかき込みながらグイグイ登るのはとても爽快で楽しいです。

ソ・チェヒュンが凄かった。オリンピックを観た感想

 

スクワマウーマンはその代わり粒足の強さとスメアがかなり良いです。

普通ならスクワマの方が良いと言う人が多いのかもしれませんね。

 

どちらが優れているっという訳ではなく、レベルの高いシューズとはその人のスタイルに合わさってくるものなのだと思います。

hiroki-mkun.hatenablog.com

 

最後に

最近のシューズはどれも素晴らしくて甲乙つけがたいですね。

スクワマウーマンは自分のスキルがあればどこまででも登れるシューズだと思います。

適切に登りたい方にお勧めです。迷っていたら買って損しないシューズです。

 

YouTubeもやっているので良ければご覧ください


www.youtube.com

ソ・チェヒュンが凄かった。オリンピックを観た感想

オリンピックを観た感想

オリンピックの女子決勝リードがとても盛り上がりました。


ヤンヤガンブレットは別次元として2位・3位争いはかなり激戦だったと思います。


その中で個人的にすごいと思ったのがソ・チェヒュンでした。国内の選手以外あまり知らないのでオリンピックで初めて見てかなり衝撃的でした。

 

ここから見れます!

【野中生萌が銀!野口啓代が銅!】スポーツクライミング 女子複合決勝 | 東京2020オリンピック | NHK

真ん中の選手です

f:id:hiroki-mkun:20210906151859j:plain

韓国人18歳:特徴:日本人がのいなして登るような感じならソ・チェヒュンは体を締めて登ってるように感じます。
ニュアンスでわかりにくいですが、キムジャインチョンジョンウォンも似た雰囲気を感じるので韓国人選手は全体的にそんな感じなのかとおもっています。

 

話は女子リード決勝に戻します。f:id:hiroki-mkun:20210906153329j:image


課題の見た印象はボルダー課題を繋いだような一つのまとまりが合わさった出来た課題だなって思いました。
体力が吸われる要素がたくさん散りばめられていて見どころが沢山あって面白かったです。


ただちょっと上部がフィジカル要素が強すぎてリードっと言うよりボルダーが強い人が登れるようになってた気がします。


これはリザルトからもわかりますが予選1位のソ・チェヒュンと2位のジェシカ・ピルツを抜いてヤンヤガンブレットがリードでも1位になりました。


野口選手が銅メダルを獲得したので僕は嬉しかったですけどね!
ただあれはセッターがちょっとやり過ぎたと思います。

 

っと言うのが前置きです。

 

ソ・チェヒュンのリードはとても凄かった

メンタル・テクニック共にずば抜けた選手だと思いました。

 

18歳と言う若さ、JKがオリンピックの大舞台、最後の大トリとして登場して、メダルがすぐそこに見えた状態です。
普段通り絶対に登れるわけがありません。


ですが、彼女はこの状況でも冷静に正確なムーブで登っていくのがヤバすぎって思ったわけです。


まず1つ目の難所。ガスとガスで耐えるムーブf:id:hiroki-mkun:20210906150936j:image

野口選手は足を切って振られをいなしました。

他の選手は足を先行して壁に入るようにして耐えます。この落ちれない状況で多くの選手が躊躇していたように見えました。が、彼女は強すぎました。足も切れず何もなかったかのように登っていくのです。

 

リードで大切な体力の消耗を最小限に抑えれてムーブを組み立てることと、大一番でも力まないメンタルは選手の中でも飛び抜けていることがわかります。

 

2つ目難所。ポケットからの遠い一手。f:id:hiroki-mkun:20210906151040j:image

フィジカル要素が多く含まれたボルダー的な遠い一手だと思いました。


この時のソ・チェヒュンは衝撃です。
ボルダー力は正直他の選手より劣っているように見えました。だからこのムーブは苦手だったと思います。


一回目普通に飛び出すも距離を出せず、危うく落ちる所でした。
f:id:hiroki-mkun:20210906151141j:image

この土壇場でムーブを修正します。

彼女は右足をボルト穴に入れたのです。
こうしてしっかり踏み込むことでこのパートを超えました。

f:id:hiroki-mkun:20210906191206j:image


とっさの判断がヤバすぎますよね笑
何度も言いますがこのオリンピックのメダルがかかった舞台で18歳の少女がですよ。

 

ここから先のルートは持ちにくいスローパーが続き体力をジリジリ削れたあとに、最初に説明もしましたが、ボルダームーブがきます。

ここでヤンヤガントレットが他の選手より1,2手多く登り1位になったわけです。

 

もしも課題が少し変わっていたらもリードの順位はガラリと変わっていたのかもしれません。

 

感想

今回はフィジカル面では他の選手の方が優れていたかもしれませんが、自分の力を100%引き出す点でソ・チェヒュンは一番だったと思いました。っというか本当に天才だと思いました。

まだ若いのでフィジカルは今後もっと強くなると思います。次のオリンピックはメダル取ると思います。

 

こういう視点からまた見直しても面白いと思います!

【野中生萌が銀!野口啓代が銅!】スポーツクライミング 女子複合決勝 | 東京2020オリンピック | NHK

 

YouTubeもやっているので良ければご覧ください


www.youtube.com

どの色のホールドが一番持てるのか?【ボルダリング】

色は私達の心理にかなり多くの影響を与えます。
赤を見たら情熱を感じるし、緑を見たら安らぎを感じます。

f:id:hiroki-mkun:20210818110923j:plain
だったらホールドの色にも心理に働く影響があるのではないか?なんて考えてみました!

ホールドは沢山の色で溢れていますが、どの色のホールドが一番登りやすく感じるのでしょうか?
一番登るのに最適な色のホールドは何でしょう?

 

目次

どの色のホールドが一番持てるのか?

色が人に与える影響を色彩心理なんて言うそうです。
僕達は無意識に色を見たとき心が動くらしいです。
ではホールドでも同じように気持ちが動くとしたらどの色のホールドが一番持ちやすいと感じるのでしょうか?考えていきます!

 

持ちやすいと感じるホールドはなにか?

f:id:hiroki-mkun:20210324113352p:plain

 

結局の所どの色ホールドも持ちやすさは一緒でしょう!


これを言ってしまうと話が広がらないので強いて言えば持ちやすいと感じる色を考えてみましょう。

 

僕はセットも行っていますが、凄く優しい課題を作っているのに「これなんか難しそう!!」なんて言われることが結構あります。

 これも色が与える影響なのでしょうか…
無意識に色で心が動かされているように感じます。

 

っていうことで僕たちが持てると思う色を上げてみました。

 

個人的に持てるランキング

■kaztosy
1位緑 2位オレンジ 3位青
■ざきを
1位青 2位白 3位緑

 

いがいに持てると感じるホールドがかぶりました(笑)

 

は安らぎを感じさせるのでホールドにポジティブなイメージを与えてくれるのかもしれません。
またセッター側も緑で悪い付け方を避けている可能性もあります。

 

は落ち着きを感じます。緑と同じくおとなしめな所が持てるように感じさせてくれるのでしょう。

 

逆に攻撃色はやっぱり避けたい気持ちにかられ、自然と悪いと判断してしまうのでしょうか。


明るさ淡さによっても違う!!

f:id:hiroki-mkun:20210818114545p:plain

鮮度が高い明るい色と絵の具の水で最後に行き着くような濃い色でも感じ方は変わってきます。

個人的には重い色のほうがフリクション強めでドシッと持てる気がします。

膨張色と収縮色

f:id:hiroki-mkun:20210818114519p:plain

同じ大きさでも黒は小さく感じ、白は大きく感じます。
確かに黒の方が手のおさまりが良いホールドが多かった気がします。
逆にざきをは2位に白が入っていたので、大きく感じる方が持ちやすいのでしょう。

 

最後に

自分は何色が好きか考えてみてください。面白く感じて頂けたら嬉しいです。

色で難易度が上がることはないと思いますけどね。


www.youtube.com

YouTubeもやっているので良ければご覧ください。 これからもっと活動を大きくしていきたいのでチャンネル登録してもらえると嬉しいです

インスタ映えがクライミングを衰退させる

インスタ映えがクライミングを衰退させる

僕がクライミングに魅力を感じたのは努力した奴が一番になれるスポーツだと思ったからです。

最近のクライミングは【映え】を意識し過ぎてしまっているのではないか⁉そんな風に感じます。

努力をして出来なかった課題が出来るようになったり、グレードを上げるために切磋琢磨するのが、クライミングではないだろうか?

この深みが無くなった、見た目だけのクライミングは【映え】ブームが去ると同時にクライミングが衰退するのではないでしょうか?

 

そもそもカッコイイとは派手な動きをすることでは無く、全力で登ってる姿なんじゃないでしょうか?

己のレッドポイントを超えるのは魅力的だし、何年もかけて登れなかった課題が登れた時の感動は人生の中で中々得られない喜びですよね。

目次

 

僕がクライミングを始めた頃は見た目よりも中身重視だった気がします。「どれだけ悪いホールドが持てるか?」「悪いホールドを引いて登れるか?」って言うのがポイントだった。努力をして強くなった奴が一番って感じだったと思います。

だから楽しむことが二の次になるくらい強くなることを求めていたし、それが一周回ってとても楽しかったのです。

 

これが少しづつ時代と共に変わっていき「わかる奴だけがわかればいい」じゃ駄目だと、綺麗でかっこよく苦にならない今のスタイルになったのだと思います。

 

このお陰で世の中にクライミングは浸透していって誰でも楽しめるスポーツになったのでしょう。

 

誰でも楽しめることと中身が無いのは違う?

クライミングをいろんな人に楽しんでもらい、世の中に広まっていくことはとてもよい事だと思う。

 

それが、本来のクライミングと大きく外れてしまっては進むだけ進んでブームが去った時に、どれだけの人がクライミングを続けてくれるのでしょうか?

 

大きい人が有利な課題を増やすことが競技人口を増やす方法だと言う人もいるそうです。

確かにどのスポーツも大きい選手の方が有利でしょう。それに大きい選手が活躍するスポーツは人気があります。

 

でも努力をせずに届いてしまうランジや、リーチで壊せるコーディネーションにどれだけ人の心は動かされるでしょうか?

 

今までのクライミングでリーチで左右される課題が良くないとされていたのは努力でリーチを手に入れることができないからです。

 

出来なくて何度も落ちてそれでも立ち向かってやっとの思いで登れた時に感動するのがクライミングの醍醐味だった気がします。

 

手に届きそうだったら登りきるだけ

もう少し保持力が付いてから登る。そう言ってトライをするのをすぐ諦めてしまう人が増えた気がします。

本当にできない課題なのでしょうか?100%の全力を出して無理だと悟ったのでしょうか?

 

それこそプロ選手のうまい登りを観て(ネットで簡単に見れる時代なったので)自分も似たように登ろうと綺麗さを求めてしまっているのではないでしょうか?

 

本当に強いクライマーは長年クライミングを続けたり、見えない所で努力をしていたり、特別センスがあったりします。

 

そういう次元の人達と普通のクライマーは全く違います。

まずは諦めず、汚くなってもいいので頑張って己の限界を超える所から始めてみるのが良いのではないですかね?

 

ジム側もそういう人達を応援して育成できる環境作りができたら良いですよね。

 

さいごに

 毎回こういうテイストのブログではないですし、こんな事ばっか考えてクライミングはやってないですよ。

ただあまりそれ過ぎない方が良いとは思うんですよね。

 


www.youtube.com

【ボルダリング】ストレッチは筋力低下を招く恐れあり!!

ストレッチはボルダリングに逆効果なのか?

 ボルダリングは多彩な動きに対応するために柔軟性が重要とされている。

 だが柔軟で伸びきってしまった筋は力が入るのだろうか?

 理論的にストレッチは筋力低下に繋がるとは言われています。

本当の所柔軟は行ったほうが良いのでしょうか?しなくても良いのでしょうか?

 ボルダリングを始めて2年以上毎晩ストレッチを行ってきて思ったことについてお話していきます。

 

目次

 ストレッチは筋力低下を招く恐れあり!!

 

最近僕がYouTubeを観ていて衝撃的を受けました。



魔裟斗さんが年齢とパフォーマンスを考えて自宅でマッサージ師を呼んだり酸素カプセルを使ったりしたそうです。

 

そしたら逆にパフォーマンスが下がってしまい、逆に痛みまで出たそうです。

 

理由はマッサージのやりすぎでほぐれ過ぎてしまったから。

 

トレーニングとはそもそも筋肉を収縮され力を入れて固くする行為。トレーニングを積んでせっかく硬くした筋肉をほぐしてしまうのはどうなのか?

 

このような事を語っていました。

 

ボルダリングにストレッチは必要なのか?

始めに言いますが、ボルダリングにストレッチは重要です。行わないと疲労が蓄積して怪我を招くからです。

 

でもボディーを使って耐える動き、ランジなどの瞬発的に掴みに行く動きは伸び切った筋肉じゃ対応しづらいっと思いました。

 

実際に僕は強くなるために必死に毎日1時間ストレッチを行っていました。可動域は広がり気持ちよく登ることができましたが、気持ちよく登れることでパフォーマンスが向上して、強くなったと勘違いしてしまっていたのでしょう。

 

子供のうちから体が柔らかい人と大人になってからストレッチをして柔らかくなろうとでは話が違うのでしょう。

 ストレッチをしても筋は伸びるが可動域に影響しにくく、無理に伸ばすことで筋力の低下に繋がっているのかもしれません。

 

登る前のストレッチは動的ストレッチが大切

 ストレッチは大きく2つあります

POINTO

止まった状態で伸ばしたい所をグーッと伸ばすストレッチを【静的ストレッチ】

伸ばしたい筋肉を動かしてほぐしながら可動域を広げる【動的ストレッチ】

 

登る前に静的ストレッチを行うと筋が伸びてしまい一時的な筋力低下を招くので動的ストレッチが良いとされています。

動的ストレッチの場合、筋が必要以上に伸びないので登りに影響が出ないで済みます。

 

ですが、静的ストレッチも行った方が動きは良くなるのは事実です。筋力が低下しないように物足りないくらいで行うのが丁度よさそうです。

 

動的ストレッチはトレーニングチューブを使うとよいですよ!

 ボルダリング トレーニングチューブ 体幹強化 強くなりたい方必見 

 

ストレッチが調子を悪くしていた。

 スランプを感じ始めて半年くらい立ちますが何が原因なのかもわからずズルズルと登っている状態になります。

スランプを抜ける為にもストレッチの量を増やしてみたりしましたが、逆に多すぎたのでは無いかと言う考えにいたったので今回試しにストレッチを減らしてみました。

 

寝る前のストレッチにさく時間を少し減らして、肩甲骨と股関節を動的ストレッチで動かす事とマッサージガンを使って疲労を抜く事を多めにしています

 

まだまだ試行錯誤の段階なので良いかどうかはわかりませんが、スランプ以前の耐えに強さが出来てた気はします。


最後に

オーバーワークっという言葉もありますが、ストレッチにもやはりあるそうで一気にやるものでは無さそうです。

筋トレと同じく長い目でコツコツと行い、いつの日か180度開脚ができれば良いなって気持ちでいるのがパフォーマンスを上げるうえでは一番の近道なのかもしれませんね。。

 

YouTubeもやっているので良ければご覧ください。 これからもっと活動を大きくしていきたいのでチャンネル登録してもらえると嬉しいです


www.youtube.com

クライミングシューズを安く買う方法!!【ボルダリング】

クライミング初心者が一番悩むマイシューズの購入について。

クライミングシューズは2万円近くするので簡単に買う決断って出来ませんよね。しかもクライミングシューズを販売しているお店も少ないので、なおさら躊躇するでしょう。

僕は20足以上シューズを購入しましたが、そこまで出費があるわけではありません。基本一足1万円以下で抑えられています。

その方法について紹介します!!

目次

 

初心者におすすめ!シューズを安く買おう!!

クライミングシューズは2万円くらいの相場になります。始めたばかりのクライミングが続くかわかりませんし、2万円を使うことには気が引けてしまうでしょう。

ですが、マイシューズを購入するとボルダリングはもっと面白くなるので絶対に買うことをお勧めします。

なので今回は安くクライミングシューズを買う方法を紹介します。

僕がお勧めするのはこの二つ!

POINTO

メルカリ

TrekkINN(トレッキン)

シューズを安く買いたいならメルカリ

シューズを安く買いたいならメルカリがお勧めです。

メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ (mercari.com)

クライミングシューズのフィット感はかなりシビアなので合わなくて出品する人がとても多いからです。

上手くいけば一回履いただけのシューズが定価より5000円近く安く購入することができます。

安いからって買ってサイズが合わないと大変なのでシューズに詳しい人と一緒に買った方がよいですよ。

メルカリでクライミングシューズを探し始めるとあっという間に時間が過ぎてしまうので探しすぎ注意です。

 

シューズを安く買いたいならTrekkINN(トレッキン)

もう一つ安く購入する方法がTrekkINN(トレッキン)で購入することです。

 Trekkinn、アウトドアのオンラインショップ

セールで安くなっていると定価より2000円近く安く購入することができます。

 

こちらは新品で購入できるのでメルカリの中古が嫌な人や、人間関係のトラブルにもならないので気軽です。

 

クライミングシューズについて気になる方はこちらをチェック

hiroki-mkun.hatenablog.com

hiroki-mkun.hatenablog.com

 

最後に

マイシューズを購入するとボルダリングはもっと面白くなります!!

是非購入してみてください!

 

YouTubeもやっているので良ければご覧ください。 これからもっと活動を大きくしていきたいのでチャンネル登録してもらえると嬉しいです


www.youtube.com

【ボルダリング】課題に打ち込むからこそ分かること。

最近、できる気がしない課題をひたすら打ち込んでみました。

トライしていたときはグレードが公表されてなくって、個人的には「あぁ、これ無理なやつだ」と思ってました。

打ち込んだ課題は2つあって、1級と初段でしたが、なんとか3日目と4日目で完登することができました。

その時に感じたことを書いていきたいと思います。

完登するまで思っていたこと。

正直、どちらの課題も登れたトライまではできる気がしなかった。

できる気がしないというのは、ビジョンが湧かないということです。

f:id:hiroki-mkun:20210725225952j:plain

できる気がしなかった1級[コーディネーション課題]

登れる時に感じる「あ、もう少しここがこうなればいけそう。」って感じがなかったですね。

帰って動画を見返しているとなんとなく周りの人が「惜しい!」って言ってた意味はわかるけど、じゃあどうすれば良いのかというアイディアは何も湧かない。登りに行っても「このムーブしかないだろう」と決めたムーブをひたすらこなし、何十回も落ちる。

でも何度でも何度でもやってみると決めたから、できそうな、でもできないムーブをひたすらに挑戦してました。 

完登してから思ったこと。

完登したからこそ言えることもあるわけで。さっき「このムーブしかないだろう」と何十回もトライしたことを説明しましたが、僕はきっとトライを重ねているうちに「満たした」んだと思いました。

完登に必要な保持力を、身体の使い方を、自信を。その時の僕にとってはどれか一つでも足りていなかったらできなかったんだと、今になって思います。

保持力というのは、1級の課題で言うと持ちなれないアンダースタートの効かし方。初段でいうと、シンプルなカチの保持。

f:id:hiroki-mkun:20210725230126j:plain

全然持てなかった両手カチ。初段

身体の使い方も、自信もそう。初段の課題は1級の課題が終わってなんとなくできる気がしたからやったら2回目でできた。それまで一度も止まったことのない核心を止めるとゴールする自分が見えました。それでもとてもとても必死でしたが。 

結局、終わってみても自分が強くなった気はしなかったです。相変わらず登れない課題はいっぱいあるし、持てないホールドは持てないままだし。結局マイナーなところでほんの少し強くなっているだけだとも思います。

でも同じような課題が出たときには少しは少ないトライ数でいけると思います。100回トライしないといけなかったはずが90回くらいにはなるかもしれません。

5回トライしないといけなかった課題なら4回くらいにはなるかもしれない。

最近セッションをしていても、カチ課題を打ち込んでいるおかげでトライ回数が3割くらい減ったんじゃないかと思います。

そういう小さな鍛え方がいつか自分の限界を突破するのに大事なのかなとも思います。

 

【ここ2ヶ月飲み続けているソイプロテイン】 

 

言いたいことがまとまらずバラバラと書いてしまいましたが、小さな努力の繰り返しがいつか身を結ぶことを書きたかったんだと思います。

課題に打ち込むのは特定の分野に関して尖って強くなるようなものですが、いくつもいくつも尖らせていくと、いつかは大きな面になるみたいな。

上手い表現は思いつきませんが、とにかく自信や成功の積み重ねが大切なんだと思っただけでした。

 

ここまで読んでいただきありがとうございました。

よかったら打ち込んだ動画を編集したので見てください。


www.youtube.com

hiroki-mkun.hatenablog.comhiroki-mkun.hatenablog.com