【言い訳をなくせ!】スポーツ上達の近道

www.youtube.com継続20日、総計31投稿目です。by中の人1。

いつもありがとうございます。

初めて見る方、よろしくお願いします。


スポーツをしていると逃げ道はたくさんあります。

ライミングだと、

  • ロッククライミングに行って前日の雨の影響で登りたい課題が濡れていたら?
  • 女性クライマーでリーチや筋力量の差で伸び悩みを感じていたら?
  • 内外関係なく、自分にとってとても難しい課題を落としたいときは?

こんな風に。


こういう時、普通は言い訳をしてしまうと思うんです。でも自分にとって逃げ道がある時こそ更なる成長の余地もあると自分は思います。今回はそういった時にどういうメンタルで取り組めばいいのかを説明していきます。本編の前にこちらも参考になれば。

最強のスポーツのメンタルトレーニング【成長マインドセット】についてクライミングの視点から解説!全スポーツ 共通!!導入編 - 進撃のクライマーブログ-ちょっとよってけー??

 

1. 前日の雨の影響で完登する気だった課題が雨で濡れていたら?

こういう時、その状態でも完登できる!というメンタルが作れるのが一番だけれど、実際難しいと思います。なので、自分はまず、核心の一手は止めようと考えます。

そうすると、核心の一手が止まるとポジティブな気持ちが作れて完登できることもあります。できなかったとしても、次に行く時に雨の日でもあそこまでいけたんだからとポジティブな気持ちが作れます。言われると当たり前な事だけど意外とできていないひとが多いと思います。

 

2. 身体的なハンデ等でどうしても他の人より難しかったりするときは?

これは考えても仕方がない事だと思います。自分も身体が硬く、柔軟をしても他の人より成果に現れにくいです。でも、その分筋力があります。メンタルの強さがあります。隣の芝は青く見えるものだって理解できた時に自然と気持ちも登りも強くなれると思います。


3. 1番どうしようもないのが自分の限界の課題に挑むとき

その日はどうしてもいけないこともあるし、他の人と同じムーブでも持てないときは持てないし。最近だとどうして動画の人はこんなに簡単に登ってるのにとか思っちゃいますよね。

でも、その人達も最初からそのレベルで登れたかと言われるとそんな事ないはずです。岩を見てみるとチョークまみれじゃないですか?ティックマークはありませんか?腕は既にパンプしていませんか?

もしかしたら一撃したのかもしれないですけど、その人達の限界はそこにはないからできることなんです。自分の限界はしっかり分かった上でその時出来ることをするのが大切なのかなと思います。自分は今4段の課題に挑んでいるので尚更そう感じます。その時できることを一歩ずつ。

 

以上、ここまで読んでいただきありがとうございました。

良かったら評価等励みになります。