クライマー 指皮ケア 手のフリクションを上げて保持力アップ

今回は指皮のケアの方法についてお話していきます。

 

初めに(ボルダリングで指皮をケアするメリット)

 

ボルダリングは指で体を支ええているの指に掛かる負担が大きく関節や指の皮がすり減ったり硬くなってきます。

 指をケアすることはボルダリングを上手に登れることにもつながるので是非行ってみてください。今回は指のケアの中でも多くの人が悩んでいる指皮についてお話していきます。

 

ボルダリングで指皮のケアするメリットは

■フリクションが上がる

■鋭利なホールドの痛みが弱まる。

■ホールドの持ち感が良くわかる

 

では順にお話してブログの最後に僕が行っているケアについてお話していきます。

指皮を改善してフリクションを上げる

乾き手と言って手汗のかきにくい人に多くあるのがチョークで指がカサカサになってしまい指の皮が厚く硬くなることでホールドが指から弾いてしまって持てないってことがあります。

この場合は指皮を削ることと保湿することで正常な指皮の柔らかさにすることでホールドの持ち感がアップします。

 

鋭利なホールドの保持の痛みが弱まる

こちらは汁手と言って手汗のよくクライマーにあることです。

汁手の方は指皮が柔らかいですが、登っていると指の腹がすり減って痛くなってきます。この時にカチなど指を立てるホールドを保持した時に痛すぎて持てなくなってしまいます。

寝る前に指皮再生クリームを塗って皮の再生を早める必要があります。

 

ホールドの持ち感がわかる

こちらは汁手、乾き手の両方に当てはまることです。

指皮が正常でないと痛かったり硬かったりして正常な力加減でホールドが持てなくなります。

正しくケアすることで指先から伝わってくる情報を正確に判断しムーブにつなげることが出来ます。

 

では指皮のケアの方法についてお話していきます。

 

指皮ケア 硬くなった皮のケア方法 

僕は大の乾き手です。乾き過ぎて割れて出血をしてしまうこともあるくらいです。

そんな僕が行っているケア方法はまず硬くなった部分をやすりで削ります。

カチカチの場所はアルミ少し硬い場所は紙で削ります。

f:id:hiroki-mkun:20200612232749j:plain

綺麗に削ったら保湿をします。

僕が使っているのは極潤(笑)

f:id:hiroki-mkun:20200612232813j:plain

いろいろ試しましたがこれが一番しっとりしていて指に馴染む感じがありました。

顔に塗るついでに指に塗れるので楽です。

 

 

それと指皮をしっとりさせる絶対的エースはグリセリンカリ液です。

f:id:hiroki-mkun:20200612234045j:plain

これは固い部分は柔らかくして

柔らかい部分はそのままをキープしてくれる効果があります。

これを寝る前に塗っるのを一週間続けるだけで驚くほどスローパ―の持ちがいいです。

 

※あくまで個人的な意見です。

僕はドラックストアに行っても売ってなかったのでアマゾンで買っちゃうのが探す手間がかからないのでいいと思います。

 

 

指皮ケア 少なくなった指皮のケア方法

 

汁手の柔らかい指の方は指の指紋が消えてしまってさらに奥の柔らかい所が見えてきます。

痛くて持てなくなる前climb onを塗りましょう。

f:id:hiroki-mkun:20200612232809j:plain

僕も汁手ではないですが新しいホールドを沢山握っているとたまに指皮がすり減ることがあります。特に夏場は代謝が良くなって指がふやけてすり減りやすいです。

そんな時にclimb onを塗って寝ると翌日すこし指の皮が厚くなった気がします。

おすすめは指皮が減りすぎたと思う前に塗っておくことです。

f:id:hiroki-mkun:20200612232805j:plain

 まとめ

指皮のメンテナンスをしっかりすることでホールドの持ち感はぐっと上がります。

日頃頑張って登っているからこそ細かい所のケアを忘れないようにしましょう。

是非今回紹介したケアを試してみてください。

 

YouTubeもやっているので良ければご覧ください。 これからもっと活動を大きくしていきたいのでチャンネル登録してもらえると嬉しいです

youtu.be

 youtu.be