初めて初段の課題を登った時の気持ちを思い出してみた。【クライミングブログ】

初めて初段の課題を登った時の気持ちを思い出してみた。

【クライミングブログ】

YouTubeもよければご覧ください


【ボルダリング】シシ神 パラダイムシフト ベロニカンテ


なぜ初めて初段の課題を登った時の気持ちを思い出したんだろう。

最近ふと初段、2段、3段を初めて完登した日を思い出す。やっぱり今挑戦してる4段が登れないのが原因だと思うけれど。いやー、参った参ったって感じ。歯が立ってる気がしない。

まぁ4段の状況はまたの機会にして、今日は初段に挑んでいた頃の自分を懐古してみる。

 


最近よく、思い出す。

初めて完登した課題は【シシ神】って課題。岡山県の矢掛エリアという所にある課題でお得でも何でもないカチ系の初段。

 

当時の自分は(今もだけれど)カチが嫌いで、矢掛エリアに10日くらいは通ったように思う。いや、それ以上かも?

 

とにかく当時は絶望してた。

理由は単純で、何日通ってもカチが全然持てないから。よく一緒にシシ神をトライしてた友達がカチが好きだったっていうのも関係してた。とにかく焦ってた。こんなんじゃ一生登れないんじゃないかって思ってた。

眠れなくなるなんて当たり前でたまにお風呂に入ってたら急に鼻血が出てくるなんて事もあったなー。


登れそうになったきっかけは気持ちの変化。

その日までは焦っていたように思う。今日こそは、今日こそはって思いが勝ちすぎてダメだったときに一層凹む。それはそれは凹む。よく一緒に行っていたN君と反省会をしてたなーって懐かしくなる。

 

気持ちにゆとりができたら早いものでマントル(岩の上部。【シシ神】ではマントルを叩けば後はそれほど難しくない)を持てるようになった。

登れる!と考えて安心したけれど、マントルが思った以上に難しい。結局盛大に落下してしまった。しかも、そこそこのハイボルダーだったので足を軽く捻ってしまった。

f:id:hiroki-mkun:20201119201840j:image

しばらく動けなかったが、仲間の応援もあってその次のトライで何とか完登する事ができた。

足を捻っていた事もあり少し諦め気分で気楽にトライできたのも大きかったのかなーと思う。

 


つらつら書いてみたけど、思い返してみると色んなところで心が折れそうになるポイントはあった。

今の状況は挑むグレードこそ違うけれど似ていると思う。

4段の壁に挑戦し、敗退し続けること5日間の連敗中。もうダメだって思ってたけど、初段に挑んでた自分はもっとがんばってたしそれに、もっと楽しんでた。最近成長を実感する事が多いからか、挑む壁の大きさを軽視してたように思う。

 

たかだかクライミング。たかだか趣味。逃げる為の言い訳はいっぱいあるけれどそれで終わりたくない。

ので、もう少し昔の自分を懐古しながらがんばってみようと思う今日この頃。(2020年11月19日)

 関連記事はこちら

hiroki-mkun.hatenablog.com