[ボルダリング]初めてムーンボードを登ってきました!

ムーンボードって一時すごく流行りましたよね。今もインスタやTwitterのフォロワーさんがムーンボードをやっているのを見かけます。ただ僕はやったことがなかった、、。

 

理由は単純でジムに無かったから。

 

今回は最近の動画でも紹介した[The Wall Bouldering Gym]にあったムーンボードを初登りしてきたのでその事について話していきたいと思います。僕みたいになんとなく触ったことがなくて今さら言えないって人には特にオススメです!!

by ざきを

目次はこちら

ムーンボードとは

ムーンボードは正式には[Moon Board]です。基本的には普通のボルダリングと同じですが、異なる点を挙げると

ムーンボードの特徴

・ムーンボードの下2列は何を使用しても良い

・ホールド下のライトが光るのでオブザベしやすい

・世界中の人が考えた様々な課題にトライできる

これらが挙げられます。初めてライトが光ってるのをちゃんと見た時は感動しました。(笑)

楽しくてすぐヨレてしまってもったいなかったですねー。

f:id:hiroki-mkun:20210225142110j:plain

グレード感

辛いジムと比べるとグレード感は甘いけど、

平均的に辛いジムと甘いジムの間くらいだなと感じました。そう考えるとやはり基準になるのかなと思いました。

 

自分は3級くらいから2段まで20本以上触ってみたんですけどグレード感は「大体そのくらいにはなってるな」と感じました。残念ながら今回2段は落とせなかったですが。

 

グレードって一言で言っても難しいですよね。僕はたまに自分と他人のグレード感に違いを感じることがありますが、こういう世界中の人の基準になるようなものがあれば話もしやすいし、動画とかも見やすいのかなと思いました。

(「この人はムーンボードで○段落としてる。この人が悪いって言うこのホールドは本当に悪いんだろうな」とか。)

f:id:hiroki-mkun:20210225141806j:plain

使ってみて良かった点

良かった点

・ある程度自分のグレードが分かる

・会ったことがない人の大体のグレードが分かる

自分のグレードの大体の目安が分かると目標も立てやすいなと思いました。

 

僕は今までは「外岩で○段落とす」と言うのが目標設定になってましたが、転勤が続くと難しい面があるのも事実でした。ですが、「ムーンボードで初段の課題を5本登る」とかだと目標の設定もしやすいんじゃないかと思いました。

 

また、僕は動画をあげていますが、ジムによってグレード感は当然違いますし、実際どれだけ悪い課題なのかと言うのは映像だけでは伝え切ることが難しいです。なので、こういった基準になるものを使うことで、動画ももっと楽しんで見てもらえるんじゃないかと思いました。

[おすすめの記事はこちら]

カチ持ちができなくてもカチを持つ持ち方とトレーニング方法

初ムーンボード、どれだけ登れたのか

最初にムーンボードのグレード換算表を載せます!フレンチグレードになってるのでそのまま伝えると訳がわからなくなると思うので。

f:id:hiroki-mkun:20210225103604j:plain

グレード換算表“ https://www.climbing-net.com/general/グレード比較表/”より

この換算表の「Japan」と「French」がムーンボードのグレード換算です。今回登れたのは7bまででした!日本のグレードで言うと初段プラスくらいですかね。

初めてのムーンボードにしては良くできたんじゃないかと思いました!ただやはり足りないなと思う面も多かったのでそれは今後の改善点にしていきたいですね!

最後にいつも読んでいる本のリンクを貼っています!上達するために必要な、だけど感覚的にやってしまっている事を詳しく解説してくれています。良かったら見てみてください! 

ここまで読んでいただきありがとうございました!今回ムーンボードを登ったジムでの動画をあげてるのでぜひ見てください!(ムーンボードはありませんがとてもオススメの動画になってます!)

[The Wall Bouldering Gym]で最高のクライミングしてきた!


【ボルダリング】2日間で最高のクライミングしてきた!【ジム遠征】