LA SPORTIVA スクワマウーマン 3か月履いた感想

今まで履いたクライミングシューズは20足以上、

クライミングシューズをたくさん履き比べてきました。

 

今回は現在履いているスクワマウーマンをご紹介します。

f:id:hiroki-mkun:20210917123753j:plain

目次

はじめに

スクワマウーマンっと言うとかなり人気のシューズです。

プロ選手も多く愛用しており、代表的な選手だと野口選手ですよね。

ウーマンですが小柄な男性にも評判が高いです。

 

今回もいつも通り客観的に見たスクワマウーマンの良い点悪い点、個人的感想を書いていきます。

 

スクワマウーマンはオールマイティーシューズ

レビュー

エッジング★★★★★

スメアリング★★★★

ヒール★★★★★

トゥ★★★★★

 

スクワマウーマンの良い点は弱点がない所です。そして高い次元で全てが兼ね備わったシューズです。

f:id:hiroki-mkun:20210917123853j:plain

一番驚いたのはスラブなどの粒足を踏んだ時かなり立てることです。

ウーマンのシャープな作りでつま先で踏んでいるはずなのにスリングショットを通じて踵の方までしっかりと力が伝わり足全体で先端のサポートをすることが出来ます。

もしかすると粒に立つって意味だけではソリューションより上回っているかもしれません。



スメアリングも強いです。ダウントゥしながらも平べったい作りの足の裏はボテにピッタリと張り付かせることが出来ます。

 

トゥーフックラバーは柔らかいので掛けやすく滑り落ちにくいし弾かれる心配がありません。

f:id:hiroki-mkun:20210917123941j:plain

ヒールは固くジムのホールドに掛けるムーブで困ることはないでしょう。岩ではまだ使っていないのでわかりません。

f:id:hiroki-mkun:20210917124004j:plain

 

そして作りが丈夫なのが特徴の一つです。

LA SPORTIVAのP3システムというのは名ばかりでなくダウントゥは買った時と3カ月たった今も同じように感じます。

 

人気なのも納得のクライミングシューズです。

hiroki-mkun.hatenablog.com

 

悪い点はサイズ調整が難しい所

スクワマは大きくなりやすいと聞いていたので1センチ攻めて購入しました。

最初攻めて履くとかなり痛いです。

痛いシューズは他にもたくさん履いて来ましたがこんなに痛いのは初めてです。

 

男性でウーマンを履いたのが良くなかったのかもしれません。

 

3ヶ月くらい履いた今はだいぶ馴染んであまり痛みはなくむしろフィット感の良さを感

じることが出来ています。

もし攻めてなければぶかぶかになってたのかと思うと難しいところですね。

 

それでは個人的なスクワマウーマンの評価について話していきます。

 

個人的なスクワマウーマンを履いた感想

最初から言いますがスクワマウーマンは完璧なので大満足だが、自分の登りのスタイルとは少し違う感じがウ~ンってなる。

 

ソリューションウーマンコンプと比べてお話をしましょう。

f:id:hiroki-mkun:20210917124103j:plain

f:id:hiroki-mkun:20210917123853j:plain

2つのシューズの大きな差はダウントゥの作り方です。

スクワマウーマンはまっすぐ落ちているのに対してソリューションウーマンコンプは先端の前が凹んでいます。

 

スクワマウーマンはかきこみにくく動きを出し辛いっと言うのが感想です。

 

リーチが足りない分、体全体を上手く使いながら登らないといけないので動きを出しにくいのはネックになります。女子のリードでよくソリューションウーマンを履いている選手を観ますが、やはり動きに自由度っという点ではソリューションウーマンの方が高いのかもしれません。

なによりかき込みながらグイグイ登るのはとても爽快で楽しいです。

ソ・チェヒュンが凄かった。オリンピックを観た感想

 

スクワマウーマンはその代わり粒足の強さとスメアがかなり良いです。

普通ならスクワマの方が良いと言う人が多いのかもしれませんね。

 

どちらが優れているっという訳ではなく、レベルの高いシューズとはその人のスタイルに合わさってくるものなのだと思います。

hiroki-mkun.hatenablog.com

 

最後に

最近のシューズはどれも素晴らしくて甲乙つけがたいですね。

スクワマウーマンは自分のスキルがあればどこまででも登れるシューズだと思います。

適切に登りたい方にお勧めです。迷っていたら買って損しないシューズです。

 

YouTubeもやっているので良ければご覧ください


www.youtube.com