ムーブを修得して上達するまでの流れ【ボルダリング】

どれだけ得意を伸ばしても出来ないムーブが一つでも課題で出てきてしまったら完登することができません。

ある程度上達してくると意識して自分の癖や弱点を直していかなければそれ以上強くなれない壁がありると思います。

そこで今回はどうやったら出来ないムーブを習得していくか、僕のやっている練習方法を紹介します。

 

目次

ムーブを修得して上達するまでの流れ

そもそも最初から完璧な人なんていません。何らかの弱点は必ず持っているはずです。

好きな課題だけやっても強くなれませんし、また保持力が成長の一番にしてしまうと登れなかった時もっと保持力を上げる事しか成長の術が無くなるとおもっています。保持力重視になるとさらに怪我のリスクが上がりますし、伸びしろも多くないでしょう。

 

だからその弱点と向き合う事ができるかが成長するのにはとても重要でとおもってます。

 

成長できる環境を作ること

f:id:hiroki-mkun:20210122094942p:plain

弱点を改善して成長して行こうとした時に僕が一番に考える事は環境です。

 

子供の頃からあまりお利口さんではなく、優れてもいなかったので継続できる人間ではないとわかっているからです。成長できる環境を身近な所に作ることで三日坊主で終わらせず、無自覚にでも前進できます。

 

でも環境は改善しても自分が変わったわけではないの努力は必要だと思いますけどね。

【継続について知りたい方はこちらをどうぞ】社会人クライマーの「トレーニングの継続」が難しい理由 

では弱点をどう改善していくか紹介します。

 

ムーブの修得の仕方

 

ムーブを修得する為に僕は手順を踏みます。

POINTO

①教えてもらう。調べる。

②試す。練習する。

③体が覚える。

④自然に使えるようになる。

 

まずはムーブを頭で覚える所から始めます。

出来ないムーブがあったらまずは本で読んだり、友達に教えてもらったり、理論を頭で覚えます。

頭で覚えたら次は試します。

慣れないけど試して身体に覚えさせます。

ここで一回出来ただけで辞めてしまうとまた忘れてしまうので、意識しなくても出来るくらいに何度も反復練習をします。

そして何も考えずとも動けるようになったら完成です。

 

こんなことしなくても普通に覚えれるって思う方もいるかもしれません。

例えば

なにかの説明書を読んだ時、最初は何が書いてあるか全くわからないと思います。それを少しづつ読み解いて、説明書通り作成していきます。

完成した時には何書いてあるかわからない文面は読みやすく見えるでしょう。

そして次からは説明書を読まなくても作ることが出来ます。

 

これはどんなことでも言えることで正しい手順を踏むことで学ぶことが出来ると思ってます。

 

修得に大切なのはコツコツ積み上げること

子供の頃からクライミングをやっていなければ感覚的にではなく、頭で考えて登らなくては強くはならないのでしょうね。

 

寧ろ頭の良い分、考えてムーブを覚えていけば修得は早いと思います。

 

つまらないと感じてしまうかもしれませんが、コツコツと積み重ねていくことが大切ですよー

 

 

 


www.youtube.com

 

それではまた!!